本文へスキップ

 

主催紹介

主宰は和田創、運営は日本ロボコム
事務局は和田創研が代行

 ロボットビジネス勉強会への思いと誓い

主宰者紹介

理系しか活躍できない産業界や経済界を危惧

和田創研代表/シニア起業家
和田 創(わだ・そう)

マネジメントコンサルタント、マーケティングプランナー。
企業再生・経営改革・業績向上の実績は豊富。講演は無数、著書は多数。
一貫して「興味と困難」をテーマに、面白そうだけれどもできそうもない仕事を選ぶ。
うまくやれる仕事は退屈極まりなく好きになれない性分である。
結果として「七転八倒」「人生谷あり底あり」を味わってきた。
家族はいい迷惑である。
2017年、職業人生のラストステージと定める「66歳〜77歳」に差しかかった。
典型的な文系・ローテク・アナログ人間が一番苦手とする最先端ビジネスに挑む。
同年に主宰として「ロボットビジネス勉強会&交流会」を発足させ、
会員とともに10年程で百社の設立を目指す(クライアントを含む)。
この内、自らは11社の設立に踏み切り、キャリアの総決算にしたいと願っている。
2017年中に「日本ロボコム株式会社」など新会社3社を立ち上げる予定。
ロボット社会が到来すると、理系しか活躍できない産業界や経済界になると危惧する。
家系のアルツハイマーの恐怖と闘うシニアが起業家として文系の意地と底力を見せる。
なお、トップ向けに本邦最高峰の「営業精鋭学校」を恒例開催している。

1995年から2011年まで足かけ17年「NPO法人営業実践大学」の主宰として、
月例会方式で 180回近く勉強会を開催した実績を持つ(盆休みを除く年間11回)。
(手間もそうだが、持ち出しが大変だった。)

運営者紹介

月例会で「トレンドセミナー」の講師を担当

日本ロボコム代表/学生起業家
本郷 理一(ほんごう・りいち)

いままでやってきたことといえば「勉強」くらい。
その勉強にすら“やる意味”を見出せないままに大学に入ってしまった。
そして、「建築」を学びながらも設計がAIに取って代わられるとの危機感を抱いた。
同時に、課題をこなしながら自分の才能では「意匠」で戦えないとの失意を味わった。
そこで、ロボット社会の到来に合わせ、新しい価値をプラスしようと思った。
2017年、日本ロボコム株式会社の設立に加わりIPOを目指すとともに、「ロボット住宅」に関わる新会社の設立準備を進める。
加えて、単なるビジネスを超えた「ソーシャルイノベーター」の道を探っている。
循環型社会の実現を理念とする新会社を立ち上げ、環境にやさしい素材でつくり出した建物や家具で世の中と人の心を満たしたいと願う。
現在、「ロボットビジネス勉強会&交流会」のブログとFBを平日欠かさず更新している。

本勉強会に皆さまのお力添えを!

企画・運営ボランティアを募集しています

個人・法人を問わずご協力くださるなら、本勉強会の主宰や運営などを抜本的に見直すこともやぶさかでありません。
皆さまのお力添えを心よりお願いします。

ご連絡フォーム

(必須)
(必須)
(必須)
(必須)
(必須)
(必須)

ご入力いただいた「個人情報」は本勉強会の事務手続きと運営などに使用するほか、和田創研グループからの関連情報の提供に使用します。
それ以外の目的に使用することはありません。
また、第三者に開示・提供することはありません。

ロボットビジネス勉強会

〒104-0061
東京都中央区銀座1-13-1
ヒューリック銀座一丁目ビル4F

TEL 050-3786-3704
(事務局は和田創研内)